過払いの解決に債務整理を使って良いのか

過払いの解決に債務整理を使って良いのか

過払い金問題に関連する債務整理の利用については、多くの人がその手段を使うことを拒む傾向があります。

何故かと言うと、債務整理を利用してしまうことによって債務者にとって不利な結果が生じてしまうのではないかという疑問を持っているからです。



結論から言うと、この考え方は完全な誤解で債務整理を利用したとしても消費者に対して不利となる結果が生じることは絶対にありません。特に、過払い金の返還請求に関しては行政の方から特別な処置を取るように告示がされていますので安全に返還請求をすることが可能になっているのです。

確かに、元々債務整理を利用することに関しては若干ながら消費者に対してリスクが伴います。



そもそも、債務整理というのは消費者が抱え込んでしまった借金問題を解決するために利用する手段であるため、この手段を利用すると債権を持っている債権者の権利を法律的な立場から無理やり奪うことになるのです。

法律的な立場からそうした権利を剥奪すると、当然債権者としてはかなり不利な立場に立たされてしまうのですが、法律ではこのような債権者の不利な立場は受け入れられるべきことだとして解釈されています。



それほどに、債務整理という手段は債務者にとって非常に便利な手段なのです。


そして、過払いに関して債務整理の利用をすることでリスクが存在しないことが行政も認めています。


過払い金の問題解決は国をあげて行われているものであるため、債務整理を使うことで債務者が不利な立場に追い込まれることはないのです。

Copyright (C) 2016 過払いの解決に債務整理を使って良いのか All Rights Reserved.